港湾計画

港湾計画改訂に向けた取組状況について

 那覇港の港湾計画は、平成15年に改訂が行われ、その後一部変更や軽易な変更が行われ、現在に至っております。
 港湾計画改訂の進め方としては、まず20~30年後の長期を見通した港湾の開発、利用及び保全の基本的方向を明らかにした長期構想を策定します。その策定には、学識経験者、地元経済界、港湾利用者、行政機関等の様々な関係者から構成される那覇港長期構想検討委員会により将来の港湾整備の方向性などを幅広く議論します。これをもとに、10~15年先の港湾計画を策定することが一般的な手順となっています。
 また、長期構想段階では、技術的・専門的などの検討に加え、パブリックコメント等を実施し、県民等の意見の把握に努め、透明性、客観性の向上を図ることとしております。
 那覇港は、港湾計画を改訂してから15年以上が経過し、港湾を取り巻く社会・経済情勢が変化していることから、那覇港管理組合において、計画改訂に向けた取組みを進めております。
 改訂にあたっては、「沖縄21世紀ビジョン基本計画」、「沖縄県アジア経済戦略構想」などが目指す、沖縄県の課題克服や将来像の実現に向けて、那覇港が果たす役割のもと将来計画を策定するため、那覇港長期構想検討委員会を設置し検討を行っています。
 平成31年4月23日に開催された、第25回那覇港湾施設移設に関する協議会を受け、浦添ふ頭地区の検討を進めていくこととなりました。

那覇港那覇ふ頭地区、泊ふ頭地区、新港ふ頭地区、浦添ふ頭地区検討の経緯
浦添ふ頭地区調整検討会議(令和2年度)議事要旨
「浦添ふ頭地区における民港の形状案の作成にあたっての考え方(案)」について
那覇港管理組合構成団体調整会議(令和2年度)議事要旨
「浦添ふ頭地区における民港の形状案」等について
 ※参考 港湾計画の標準的な策定フロー  

計画の方針(2003年3月 改訂)

 那覇港の港湾計画は、目標年次を平成20年代後半(2015年から2018年)とし、国際物流産業の展開、国際リゾート産業の振興等を目指した国際流通港湾として発展することを大きな柱として、2003年3月に下記の方針のとおり改定を行いました。
 那覇港港湾計画の方針は、次のとおりです。

1.国際流通港湾機能の充実

国際流通港湾の外観

アジア太平洋における急速な経済発展に対応し、アジア・太平洋地域内における地理的優位性を活かした国際海上コンテナ輸送の中継拠点として、高規格・高能率コンテナふ頭をはじめとする国際物流関連産業の集積する国際流通港湾機能の拡充を図ります。
具体的には、新港ふ頭地区に大水深ターミナル2バースや、荷役機械の整備を行います。また、関連事項として港湾EDIシステムの導入や、港湾料金の低減、24時間フルオープン化についても推進します。

2.国際観光・リゾート産業の振興

那覇港港湾の画像

観光関連産業の振興を促進するため、新港ふ頭地区に大型クルーズ船専用バースや旅客船ターミナルを整備し、国際クルーズ船基地として機能強化を図ります。また、隣接する浦添ふ頭地区には人工ビーチを備えたコースタルリゾート整備を計画しており、実現すると大型クルーズ船が寄航可能で観光機能も備えた新しい港湾として発展することが期待されております。

3.港湾機能再編

湾と背後地域との連絡、港湾内の円滑な交通を確保するため、臨港交通体系の充実を図ります。また、既存ふ頭の効率性、利便性、安全性の向上を図るため、既存ふ頭の再編、利用転換を行ないます。具体的計画については次の四ふ頭の将来像に記述します。

四ふ頭の将来像

泊ふ頭地区 観光客利用へ特化し、旅客船、観光船のみの人流ゾーン
新港ふ頭地区 地区の西側は国際コンテナターミナルとロジスティクスゾーンとし、北側を内国貨物取り扱いゾーン
那覇ふ頭地区 周辺離島へのフェリー及び旅客に特化し、地区の北側はビーチや緑地のアメニティゾーン
浦添ふ頭地区 地区の北側から環境保全ゾーン、コースタルリゾートゾーン、そして港湾関連産業の開発ゾーン

4.環境の保全と創出

那覇港にとって適切に保全された自然環境を次世代へ継承することと、港湾利用者へのアメニティ空間の提供は重要な役割となっています。貴重な自然環境を適切に保全・活用し、人と自然が共存できるような港湾環境の維持保全を推進します。

5.安心・安全の確保

台風や地震等の災害時においても、安全、確実な国際流通港湾機能や国際クルーズ船基地機能が確保されるよう、防波堤や耐震岸壁、港口の整備を推進します。
 

このページは計画建設課 が担当しています。

〒900-0035 沖縄県那覇市通堂町2-1 那覇港管理組合2F
TEL:098-868-0336   FAX:098-862-4233