那覇港管理組合とは・組織図

  1. 那覇港管理組合とは・組織図

那覇港管理組合とは

那覇港管理組合は、沖縄県、那覇市及び浦添市の3自治体で構成された一部事務組合で、平成14年4月1日をもって設立し、那覇市に代わる那覇港の「新たな港湾管理者」としてスタートしました。

一部事務組合とは、二つ以上の地方公共団体が、その事務を共同して処理することを目的に設置する特別地方公共団体です。地方自治法第284条第2項により設けられ、清掃、消防及び離島医療事務組合等多数の例があります。
そのうち、港湾に関する事務を行っている一部事務組合は、平成13年度末で、苫小牧港、石狩湾新港、名古屋港、四日市港及び境港管理組合の5組合ありましたが、今回の那覇港管理組合の設立で6組合となりました。
県、那覇市及び浦添市から独立した特別地方公共団体となる那覇港管理組合は、組合独自の議会も設置されています。

那覇港管理組合組織図

管理者(非常勤)には沖縄県知事がその職務にあたり、3人の副管理者のうち非常勤(2人)には、那覇市、浦添市の副市長がその職務にあたっています。常勤の副管理者は各構成団体の長の共同推薦者について議会の同意を得て、平成30年5月から田原 武文がその職にあたっています。一般職の職員は、各構成団体から派遣となっており、それぞれ沖縄県37人、那覇市18人、浦添市6人の合計61人の職員で構成されています。

那覇港管理組合の組織図

このページは総務課が担当しています。

〒900-0035 沖縄県那覇市通堂町2-1 那覇港管理組合3F
TEL:098-868-2578   FAX:098-868-2629