那覇港における新型コロナウイルス陽性者の発生について①

  1. 那覇港における新型コロナウイルス陽性者の発生について①

最終更新日:2021年01月08日

令和3年1月6日、那覇港浦添ふ頭8号岸壁に係留していたJOGMEC(独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構)が所有する海洋資源調査船「白嶺」において、乗組員1名の新型コロナウイルス陽性が確認されました。
1月7日に乗組員全員のPCR検査を実施、(9日に結果判明する予定であり、)南部保健所と連絡を取り指導を仰ぎながら対応しています。
なお、「白嶺」の係留については、定期貨物船の係留や荷役作業等へ影響を及ぼすことが無いよう、那覇港泊ふ頭8号岸壁(那覇クルーズターミナル)にて係留しています。

詳細につきましては、以下アドレスにより確認をお願いします。
JOGMEC(独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構)
http://www.jogmec.go.jp/news/release/backnumber_018.html